超精密な画像測定器と金型肉盛補修機を新規導入しました。

画像測定器 (キーエンス製)

「ワイド視野可変照明 IM-6225」を導入しました。

 

キーエンス社独自の画像処理による、0.01画素以下単位での

サブピクセルエッジ位置検出処理により、従来の画像処理測定器

よりも正確なエッジ位置の検出ができるようになりました。

金型肉盛り補修機 (日本テクノエンジニアリング製)

「超精密肉盛り機 YW-310型」を導入しました。

 

従来の肉盛機よりも格段に溶接能力、溶融能力が高くなり、

安定且つ精密な溶接が可能になりました。

また、作業時間も大幅に短縮され、より早くより高精度の製品を

お届けすることが可能となりました。

森合成は技術を磨き続け、また、同様に最新の技術を取り入れ、

今後も精度の高い仕事を追求し続けます。