森合成 有限会社

森合成有限会社は、コンプレッション・インジェクション成形、プラスチック金型CAD設計・制作を専門とする会社です。

熱硬化性樹脂(フェノール樹脂・尿素樹脂等)、熱可塑性樹脂(ポリ塩化ビニル樹脂・アクリル樹脂等)の成形・加工で、お客様のあらゆるニーズにお応えします。 

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂とは?
加熱によって網状の構造が形成され硬化して元に戻らなくなる樹脂のことです。

どうやって作るのか
硬化性樹脂は最初は液状ですが、硬化剤を加えて、時間が経過すると三次元重合して固まるので、液状である時間内に加工します。
メリットと利用方法
硬くて熱や溶剤に強いです。
電気部品、テーブルなどの家具の表面処理、灰皿、焼き付け塗料などに使用されます。

熱硬化性樹脂製品

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂とは?
ガラス転移温度または融点まで加熱することによって柔らかくなり、目的の形に変形できる樹脂のことです。

どうやって作るのか
熱可塑性樹脂は加熱して液状にし金型に流し込み、冷やし固化させて最終製品となる射出成型加工等が広く用いられています。
メリットと利用方法
リサイクル可能でプラスチックとして再生できます。ペットボトル、家庭用品、電気製品の外箱、雨樋や窓のサッシなどの建築資材、フィルム、クッションなどの梱包資材等多量に使用されます。

熱可塑性樹脂製品

合成樹脂とは

建築用材・各種部品・食器などに用いられる合成高分子化合物の総称です。主に石油を原料として製造されます。

一般的な特徴としては
●電気を通さない(絶縁体)
●水や薬品などに強く腐食しにくい。
●燃えやすい 。
●紫外線に弱く、太陽光に当たる場所では劣化が早い 。
などがあげられます。

金型などによる成形が簡単なため、大量生産される各種日用品や医療分野、工業分野の製品などの原材料となります。

使用する目的・用途に合わせた性能を有する樹脂を合成することが可能であり、現代社会で幅広く用いられています。

ポリ塩化ビニル樹脂・アクリル樹脂などの熱可塑性樹脂と、フェノール樹脂・尿素樹脂などの熱硬化性樹脂に分けられます。

 

当社は、熱可塑性樹脂・熱硬化性樹脂、どちらの製品も製造可能な設備と技術があります。

当社の主要設備